コーヒー摂取と慢性腎臓病の関係は?

みなさまこんばんは!happy01

水曜担当スタッフM子ですっhappy02
 
今週も原稿遅れ~bearing night
 
師走でバタバタ…を言い訳に…coldsweats01

 
さて,ブログネタ探し~と論文検索 eye しておりましたら,こういうのがありましたよ!lovely

 
Association of coffee consumption and chronic kidney disease: A meta-analysis.
Wijarnpreecha K et. al
Int J Clin Pract. 2016 Dec 9.

 
米国とタイの研究者チームの論文で,「コーヒーの消費と慢性腎臓病の関係性を関連文献を集めて大規模データ解析しました!」というお話ですcatface
 
論文要旨しか読めていませんが,4つの観察研究論文から,14,898人分のデータを大規模解析したと。
 
で,コーヒーを1日1杯以上飲む人飲まない人慢性腎臓病になる危険性を比較したところ,リスク率は0.71(95%CI, 0.47-1.08)ということで,コーヒー飲んでいたらCKDになっちゃう!という可能性は低いようですconfident

コーヒー好きの私には嬉しい結果wink

 
さらに,これを男女別で評価すると,男性で1.10(95%CI, 0.94-1.29),女性で0.81(95%CI, 0.58-1.13)となるそうで,男性で少し懸念があります??coldsweats02
 
いやいやsmile,筆者は「男性でコーヒーの消費と慢性腎臓病には重要な関係性は見い出せなかった」ということと,「女性についてはむしろ逆の効果(腎臓病進行を防ぐ効果)を生む可能性について,さらなる研究が行われるべきだ」との結論ですconfident
 
161214コーヒーカップ.jpg
これ,コーヒーの消費量別で分けると結果も違った傾向がでるのかも??とか,いろいろ興味深いのですが…論文の本文にはそのようなデータもまとめてあるのかもしれませんねconfident
 

毎日大量にコーヒーを飲んでいる,最近カフェイン中毒の方が心配なM子coldsweats01
 
コーヒーの,酸化して風味が落ちたものを飲むたびに,「焙煎によってAGEもそれなりに含まれていそうだし,あまり飲み過ぎは良くないかな~think」と思っております。
 
何事も摂り過ぎはいけませんよねcoldsweats01
 
本日も日々の食事と健康について思いを馳せるM子でした~happy01
 
 
 

わんちゃん,ねこちゃんと一緒に「食べる純炭 きよら」!

皆様こんにちは!happy01

日本海の冬らしく,どんよりとした空と強風の金沢から~cloudtyphoon

一日遅れで登場のスタッフM子ですcoldsweats01
 
すみません…昨日ボケっとしてブログ当番を華麗にスルーしてしまいました…wobbly
 
 
さて,本日お受けしたお電話のお客様が,「腎不全でいつどうなってもおかしくないと言われた飼い猫catに飲ませているんだけど,ずっと調子が良く,食欲もあり,元気に過ごしているのconfidentshine」というお喜びの声をいただきましたtelephone
 
私も嬉しくなって思わずお話する声がうわずってしまいましたよlovely
 
このまま元気で長生きして欲しいな~と思いましたconfidentheart04
 
 
先週は「ペットに飲ませてみようと思うんだけど…」というお問い合わせの御電話を複数いただいていたようですcatface

犬でも猫でも腎機能が落ちて亡くなってしまう子が多いそうですねbearing
 
弊社の商品はもちろん犬ちゃんdogや猫ちゃんcatにもお召し上がりいただけます。
 
体重4~5kgに1粒(カプセルでも錠剤でもOKですが,カプセルの方が純炭粉末の量は2.7倍摂取できます。)くらいを目安にあげてみてくださいconfident

多少の増減は大丈夫です!happy01

大切なかわいいペットちゃんの体調を見守りながら,量の加減をしてみてくださいね!wink
 160629きよらアルミパック.jpg

食べさせたいけど食べてくれるかわからないから,少量を購入して試したいなぁ…という方には錠剤63粒(税込 1,300円),またはカプセルだと42粒入り(税込 3,240円)となっているアルミパックの製品がございます。
 
ご希望のお客様は弊社フリーダイヤル;0120-09-0218  (受付;土日祝を除く平日の10~18時)までご連絡ください!
 

Yahoo IDをお持ちのお客様はyahooショッピングサイトからのご購入も可能です!
http://store.shopping.yahoo.co.jp/juntan-shop/
 
日頃の健康管理のためにも,元気な頃から食べる純炭を食べさせるのも素敵ですねheart04dogcatdeliciousheart04
 

ペットのにおいが低減される場合も多いので是非お試しいただければと思いますhappy01
 
 
さて,師走に入って落ち着かない毎日ですrun(もともと?coldsweats01

一年の締めくくりに向けて元気に頑張りましょ~shinepunchhappy02up

 

腎臓病に効くヨガのポーズとAGE測定会

腎臓ヨガ.jpgこんにちは。

純炭社長@糖質制限中の樋口です。

なんと!

日本最大のヨガイベント「ヨガフェスタ横浜2016」でAGE測定会を行うことになってしまいました。

ヨガには昔から興味を持っていて、

糖質制限の次はヨガ!と思っていたところ見事に引き寄せられました(笑)。

自然治癒力を高めるヨガですから、腎臓病に効くポーズもあるのでは?と検索してみたところ、

「コブラのねじりポーズ」が効くとのこと。是非お試しください。
http://dosports.yahoo.co.jp/column/detail/201410100001-spnavido

さて、今回のAGE測定会は無料ではありません。

大変申し訳ありませんが、1測定につき1,000円を頂戴します。

そのかわりに、簡単なアンケートにご記入いただいた方には、

もれなく「食べる純炭きよら錠剤タイプ63粒入(定価1,620円)」をプレゼントします。

クリニックで測定すると1万円もとられるAGE測定ですので、

この機会に体内糖化度チェックと純炭きよらを是非お試しください。

会場
横浜市西区みなとみらい1-1-1 パシフィコ横浜 展示ホールD
ヨガフェスタ横浜2016 おとなの保健室コーナー

日時
9月17日10:00~9月19日17:00

夏場に血清クレアチニン値が上がる話

皆様こんにちは!
水曜担当スタッフM子ですhappy02

今週も締切に間に合わず,遅れて登場です…coldsweats01

 
以前,本ブログで腎機能が落ちている方は夏場の水分補給が大切であること,水分補給する際の飲み物の質について,気になる研究論文が発表されていたことについてお伝えしました。(詳しくはこちら
 
お陰様でたくさんの方にご覧いただいたようで,大変ありがたく思っておりますhappy02shine
 
 
この文献を見つけたきっかけとなった「夏場になって血液検査の血清クレアチニンの値が上昇する方が多いような…???」という気づきですが,日本の研究者からこれに関連するような研究発表がなされておりました!eye
 

Tohoku J. Exp. Med. 224:137-142, 2011
「Seasonal Variation in Estimated Glomerular Filtration Rate Based on Serum Creatinine Levels in Hypertensive Patients」
Masugata H. et al.

 
「高血圧の患者さん1の中で,慢性腎不全(CKD)のある人(55名),ない人2(47名)について,血清クレアチニン値を元に算出するeGFR(推算糸球体ろ過値)の季節変動を調べたところ,どちらのグループでも春先(3~5月)に対して夏場(6~8月)はeGFRが低下(≒血清クレアチニン値が上昇)していた。」という文献です。
 
そして夏場に低下したeGFR値は秋や冬になると少し上がっていましたconfident
秋から冬にむけても少し上がっているので,春にはもう少し上がるのでしょうか?(だから春先と夏場の間の差が一番大きくなる??)coldsweats01
 
 
eGFRは主に血清クレアチニンの値によって算出されるもので,血清クレアチニンの値自体は,夏に上昇しているものの,「統計的有意差」にまでは至らなかったようです。(しかしeGFRに換算すると意味がある「差」となるようです。catface
 
血清尿酸値も夏に上昇していたこと(有意差なしとなっていましたがBUNの値も夏に上昇していました)などから,「脱水」によって夏場に血清クレアチニン値が上昇 → eGFRが低下となるのだろうと筆者たちはまとめています。
 
このeGFRの季節変動(夏場の低下)の傾向は特に高齢者(73歳以)や降圧剤のお薬の種類(レニン-アンジオテンシン系阻害剤と利尿剤の併用)の方でよりはっきり表れるそうです。
 
 
ヘマトクリットの値が夏に少し低かった(有意差なしですが)ので,ヘマトクリットの値が下がると血が薄まっているようなイメージですから脱水とは逆のイメージですし,M子的にはそこは少し不思議な結果でしたthink
 
 
夏場に(おもに脱水の影響で)一時的に血清クレアチニン値が高くなり,「腎機能なんて気にしたことなかったのに突然指摘を受けた!coldsweats02」という事態につながっている方もいらっしゃるのかも…think
 
そういう場合は,秋や冬にかけて血清クレアチニンの値が下がっていく可能性もあるのかもしれませんねwink
 
 
本当に腎臓に傷害が起こっているのではなく,一時的な脱水の影響であれば,思い悩み過ぎてストレスをためるのは腎機能にも他の病気にとっても良くないように思いますthink
 
でも,「脱水の一時的な影響」じゃなかったり,脱水を繰り返して腎機能傷害が発生・進行し,大きなダメージになったりすると大変shockなので,夏場に血清クレアチニン値が高くて病院で指摘を受けたら,水分をしっかりとって脱水に注意しながら,あまり悩みすぎないように気を付けつつ,秋や冬に再検査を受けたりしっかり経過観察をするというのはいかがでしょうか?wink
160824水とAGE.jpg 
脱水が思わぬ検査結果を招く可能性があるという一方で,脱水が腎臓に良くない!というのは共通認識のようなので,水分補給に十分注意しましょう!happy01
 
もちろん,その際は水分の質(飲み物の種類)にも注意が必要ですよ!!wink
 
 
ちなみに血清クレアチニンの値は筋肉量や摂取タンパク質量の影響も受けやすいので(特に高齢者や女性で),1回の値ではなく,できるだけ継続的に血液検査を受けて変化を把握しましょう!
腎臓の濾過機能をしっかり確認するためには「イヌリンクリアランス」など別の指標での検査を受けることもオススメです!happy01
 
 
まだまだ暑い日が続いておりますsun

検査結果を気にし過ぎてストレスにつながるのもよくないのでcoldsweats01,適度に力を抜きつつ健康維持のためにできることを少しづつ取り組んでみましょ~happy02shine
 
 
 
※1. 収縮期血圧140mmHg以上,かつ/または,拡張期血圧90mmHg以上
※2. eGFRが60mL/min/1.73m2以上
 

参考文献
「CKD早期発見・治療 ベストガイド 寛解につながる慢性腎臓病へのアプローチ」  佐中 孜 著 <医学書院>
 
 

こんなことも腎臓病のリスク! ~熱中症対策としての飲み物に注意しましょう~

みなさまこんにちは!
水曜担当スタッフM子です!happy02
 
相変わらず暑い毎日ですねbearingsun
 
今回はこの暑さとも関係する話題ですcatface
 
腎臓を大切にするために,特にこの季節に注意したいことについてお伝えしたいと思いますhappy01
 
 
暑い季節になると「腎臓が悪くなった…」というお声をよく耳にするような…??earと思い,以前論文検索したところ,「脱水症状が繰り返されると慢性腎臓病(以下,CKD)の危険性が高まる」という主旨の論文が複数見つかりましたeye
 
中央アメリカ中部のニカラグア共和国のサトウキビ農園で働く人のCKD発症率が非常に高いという疫学データ1-3に始まり,近年では南インドやスリランカ,エジプトでも同様の報告4があるようです。
 
この原因のひとつとして,(気候と労働環境から)周期的に脱水症状を繰り返すと腎臓が傷害されるということが提示されました。
 
また,脱水症状による腎障害の一因として,脱水症状になると体内のポリオール経路という代謝経路が活性化し,腎臓で「果糖」が合成され,この果糖が「フルクトカイネース」という酵素で分解されていく過程で腎臓に傷害をもたらすということがマウスの実験で示されました。※5
  
人為的に脱水症状を起こさせたマウスでは,血清クレアチニン濃度が上昇し,尿中のNGAL(急性腎障害の指標物質)が上昇,近位尿細管という腎臓の栄養成分等の再吸収に大切な組織が傷害され,腎臓の炎症や線維化が見られたそうです。5
 
なので,脱水状態にならないように,暑い時期の水分摂取は腎臓を大切する上で非常に大切だと言われています。
 
 
さらに最近の論文で,この脱水状態にどのような水分補給を行うかについて,大切な示唆flairがありました。
 
 
Rehydration with soft drink-like beverages exacerbates dehydration and worsens dehydration-associated renal injury.
García-Arroyo et al.
Am J Physiol Regul Integr Comp Physiol. 2016 Jul 1;311(1):R57-65.
 
「ソフトドリンクのような飲料で水分補給することは脱水状態を悪化させ,脱水が関連する腎臓傷害も悪化させる。」という論文です。
(M子の訳が正しければ…coldsweats01
 
 
1日のうちに1時間,36℃に置いて,その後の2時間に以下のいずれかの飲料

 
     ① 普通の水  

     ②11%濃度のブドウ糖と果糖の溶液(一般的なソフトドリンクの濃度だそうです) 

     ③甘いがカロリーのない「ステビア(人工甘味料)」の溶液

 
を摂取できる環境下で4週間飼育したラットについて,腎機能に関する各種の分析が行われました。
  

暑さに誘導された自由給水を伴う脱水症状の繰り返しは,抗利尿ホルモンの刺激により血しょうと尿が高浸透圧になり,その結果マイルドな尿細管の傷害と腎臓への酸化ストレスがみられたそうです。
  

特に,11%ブドウ糖果糖溶液の群では,溶液の摂取量が多かったにも関わらず,より強い脱水状態になり,腎臓傷害が悪化していたそうです。
 
一方で,ステビア溶液では反対の(良い)効果が見られたようです。
  

このラットの実験では,脱水状態になった時に,ソフトドリンクのような飲み物で給水するとかえって腎臓へのダメージを悪化させる可能性が示されました
 
人間でも同様の変化が起こるのか,実際に確認されている訳ではありませんが,夏場の水分補給,炎天下での運動中の水分補給には「ブドウ糖果糖液糖」というような成分の含まれるソフトドリンク類は避ける方がよいように思いますthink
 
 
ちなみにラットの平均体温は37-38℃だそうで※6,36℃で1時間/日を4週間という条件は,我々が32,3℃で1日6時間を6日間ほど過ごすのを3.5年ほど経験するのと同じような感じでしょうか??(いくつかの値を参考にした勝手な推測ですcoldsweats01
 
となると近年の日本の気候と,この季節の温度,持続期間から考えて普通に生じうる環境ではないでしょうか?coldsweats02
 
 
お子さんたちの水分補給も,飲み物の種類に気を配る方が良いように思いますconfident
 
 
ちなみにステビア溶液が良い結果だったのは水などと比べると浸透圧が適度にあるので,脱水時の抗利尿ホルモン分泌を穏やかにしたり,血管の拡張・血圧上昇を水よりは抑えられるのではないか?との推測がなされておりました。
 
個人的には人工甘味料の飲み物を大量に摂取するのもどうだろう??coldsweats01と疑問に思うので,お茶とか,市販の経口補水液(成分をちゃんとみてブドウ糖,果糖などがあまり含まれない適切な商品)で水分摂取すればよいのかな?と思いますconfident
 
もちろんリンやカリウムの摂取制限がある方はそのあたりの濃度も確認必要です!wink
 
 
気がついたら腎機能が非常に悪くなっていた!bearingということが少なくなるように,夏場の水分摂取には「量」も「質」も気をつけましょう!!
 
 
今週のM子ブログ,ちょっとお役にたてますかね?smile
   

  
 そのほかの参考文献 

1.  Torres C et al. 
Decreased kidney function of unknown cause in Nicaragua: a community-based survey.
Am J Kidney Dis 2010; 55: 485–496.

2.  O’Donnell JK et al. 
Prevalence of and risk factors for chronic kidney disease in rural Nicaragua.
Nephrol Dial Transplant 2011;26: 2798–2805.
  
3.  Peraza S et al. 
Decreased kidney function among agricultural workers in El Salvador.
Am J Kidney Dis 2012; 59: 531–540.
  
4.  Chatterjee R 
Occupational hazard.
Science 352: 24–27, 2016.
  
5.  Roncal Jimenez et al. 
Fructokinase activity mediates dehydration-induced renal injury.
Kidney Int. 2014 Aug;86(2):294-302.
  
6.  総務省 
<平成12年度>高周波電磁波曝露による脳高次機能への生物学的影響評価 研究報告書