自分の幸せ感+他者への思いやり⇒最強免疫!?

こんにちは!
生憎の雨模様 rain,昨晩も雨でオリオン座流星群 night は見られなかった金沢から~
水曜担当スタッフM子ですっhappy01

今週は見返していた「日本抗加齢医学会雑誌」の中のとある記事が気になったのでご紹介~!

Anti-Aging Medicine 2014,vol.10(2)の中で,慶應義塾大学の坪田 一男教授がおもしろい文献をご紹介なさっていました。

原著(元の論文)は以下のとおりです。
Fredrickson BL,et al
A functional genomic perspective on human well-being.
Proc Natl Acad Sci USA,110:13684-13689,2013

自分(の欲求が満たされた際)の幸せを感じている場合「=個人的快楽的幸せ」には炎症性サイトカイン(pro-inflammatory cytokine)の遺伝子群発現が約2割上昇している。そして抗体関連遺伝子群が2割ほど発現低下している。

 一方,ボランティアや他者への親切等で自分にもちょっとした幸せ感を感じる「=社会的幸せ」の場合,タイプⅠインターフェロン関連の遺伝子発現が1割ほど,抗体関連の遺伝子発現が3割ほど上昇していた。

とか。

「遺伝子発現の上昇」とは,一般的にはその反応が活発化しているとか,関連の物質が体内でたくさん合成されていると表現してよいと思います。

141022自然.png
この実験結果の考察では,

人類の遺伝子が定まったような太古の時代,

個人的快楽を追求していた個体は他個体との接触が少なく,自然との接触が多いため細菌感染等から防御する炎症性サイトカインの遺伝子発現が上昇するのでは?

一方,社会的幸せを追求する個体は,他個体と集団でいる場合が多く,仲間から風邪などウィルス性の感染を受けるリスクが高かったため,抗体関連遺伝子群が発現上昇するのでは?

というものだそうです。

考察内容を支持するならば,「太古の習慣」が現代の我々の「超短期的な遺伝子発現」にすら影響を与えているということにもなるのでしょうか。

いろいろ気になる点があるのですが,そもそもちょっとした気分の違いで遺伝子発現がグッと変化するということは,やはり煎じ詰めれば「病は気から」とか「気力で病気をやっつける!」という話の信憑性が高いということかと。

逆に精神的な不調に対して,まずは物理的(肉体的)刺激を与え,精神へよい波及効果をもたらすということも知られてきていますよね。(うつ病への運動療法など)

141022血球.png一方,この研究結果については炎症性サイトカイン関連遺伝子群の発現上昇をどう捉えるかで意味合いが結構違うような気がします。

炎症性サイトカインの上昇が細菌感染の事前防御として有用と考えるか,或いはガンなどを誘発するよくないものとしてとらえるか…。
(過去に弊社代表が関連する話題をブログに挙げていたような…)

自己欲求を満たす幸福 + 他者への親切に伴う幸福

⇒ 細菌感染防御 + ウィルス感染防御 の最強免疫獲得!?

或いは,

⇒ ガン化リスク + アレルギーや自己免疫疾患リスクの上昇!?

…あらあら,そもそもは前向きな良い話のはずが,えらくネガティブな話になってしまったcoldsweats01

私は自己欲求充足上手の典型的な「個人的快楽的幸せ」 感じまくり人間なので,体内では炎症性サイトカインの遺伝子発現が強い状態だと予想されます。

…ガンには注意しなきゃかなcoldsweats01

「ヒトはご機嫌で幸せであると長生きする」とのことですが,何でご機嫌になるか・幸福を感じるかは人によって随分違いますよねconfident

その人の幸福要因がどんなものであれ,(他人にかける迷惑が極力少ない範疇で)幸せを感じられる毎日を過ごせば身体にはよさそうですsmile

そして「人のために何かすることが自分の身体によい影響を与えているかも!?」ということは覚えておくと良さそうですwink

前者は得意なので,もう少し人にやさしくを心がけようかな…と思った本日のM子でしたconfidentheart04

↓ポチポチっと応援お願いします。

糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

ストレスが命を奪うメカニズム

こんにちは。

純炭社長@糖質制限63日目の樋口です。

昨日の体重は76.6キロ(マイナス11.1キロ)、リバウンドなく1か月以上70キロ台をキープ中です。

血圧も113/77。安定しています。

さて、7月7日のブログ「健康寿命をのばす方法は?|抗加齢医学会で学んだこと」

の中で紹介したように、ストレスは健康の大敵です。

先日から読んでいる(哲学書のような文章でなかなか読み終わらない)「夜と霧」の中に、

アウシュヴィッツ強制収容所に連行されたユダヤ人のストレス死に関する興味深い記述がありました。

勇気と落胆、希望と失望というような人間の心理状態と、

他方では有機体の抵抗力との間にどんなに緊密な関連があるかを知っている人は、

失望と落胆へ急激に沈むことがどんなに致命的な効果を持ち得るかということを知っている。

(中略)すなわち、1944年のクリスマスと1945年の新年の間にわれわれの収容所では

未だかつてない程の大量の死亡者が出ているのである。

それは過酷な労働条件によっても、悪化した栄養状態によっても、

また悪天候や新たに現れた伝染疾患によっても説明され得るものではなく、

むしろこの大量死亡の原因は単に囚人の多数がクリスマスには家に帰れるだろうという、

世間で行われる素朴な希望に身を寄せた事実の中に求められるのである。
ストレス.jpg
最愛の妻を亡くした夫が後を追うように突然死するといった例もありますが、

落胆、失望といったストレスが人間の免疫機能を狂わせて命を奪うことはしばしば起こるようです。

ストレスはどうやってヒトの命を奪うのでしょう?

メカニズムの一つがNature Medicineに掲載されました。
(Nature Medicine 20, 754-758 (2014))

慢性的なストレスに晒されることによってヒトもマウスも炎症反応を起こす白血球が増加する。

炎症性の白血球が増加することで動脈硬化が急速に進行し、

心筋梗塞や脳卒中によって突然死に至るようです。

では、ストレスはどうやって白血球を増やすのか?

1)ストレスによって交感神経はノルアドレナリンを過剰放出

2)β3アドレナリン受容体を介して骨髄中で造血幹細胞を静止状態に保っている細胞を刺激

3)造血幹細胞の分化を抑制しているケモカインCXCL12が低下

4)造血幹細胞が分化増殖を始めて好中球や炎症性単球などの炎症性白血球が増加

というメカニズムが明らかになりました。

一方で腸内細菌はストレス耐性を増強させるという報告もあります。

・ストレス
・慢性炎症
・腸内細菌

健康の秘訣である3つのキーワードから目が離せません。


糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

竹炭じゃありません!だから高価です|食用炭の安全性

こんにちは。
純炭社長の樋口です。

当社が開発したダイエタリーカーボン純炭(じゅんたん)は

竹炭パウダーではありませんsign01

備長炭パウダーでもありませんsign01

ましてやヤシ殻活性炭パウダーでもありませんsign03

ダイエタリーカーボン純炭の原料は

高純度結晶セルロース

結晶セルロースってなんだ?と思う方は多いと思いますが、

結晶セルロースは食品や医薬品に使われる不溶性の食物繊維です。

原料自体が安全性も純度もきっちりと品質管理されたものから作るから、

ダイエタリーカーボンはしっかりと品質管理できるのです。

竹などの植物は育った環境や時期によって細胞内に溜める成分が違います。

同じ場所に生えた竹であっても、周りの環境や雨に含まれる成分が変われば細胞内の成分も変わります。

これでは品質管理ができません。

ダステックでは同じ品質の植物由来炭を安定的且つ衛生的に製造するため、

あえて高価な結晶セルロースを原料に選びました。

下の資料をご覧ください。
様々な炭の元素分析結果です。
樹木由来の炭には様々な元素が残留しているのに比べて、
ダイエタリーカーボン純炭は、医薬品である石油由来炭と同等であることが分かります。
元素.jpg
その他にも粉末の炭の粒の形も大きく違います。

一般的は粉末炭は竹炭や備長炭を機械で砕くため、
体内に吸収してしまう可能性のある非常に細かいナノサイズの粒子や組織を傷つける鋭利な角をもった粒子が出来てしまいます。
ところが、ダイエタリーカーボン純炭の原料は直径50ミクロンと大きな丸い粒子で、
焼成後も同じ形を保つため、体内への吸収の心配もなく、鋭利な角もありません。
形状.jpg 更に、当社は金沢医科大学ベンチャー企業からのスピンアウトベンチャーですので安全性試験もきっちり行っています。
安全性.jpg その他、当然のことですが、放射性物質の検査や炭特有の発がん性物質(ベンゾピレン)の検査も行っています。

ダイエタリーカーボン純炭は安価な竹炭ではありません。

だから申し訳ありませんm(_ _)m

高価です。

高価なりの価値をお客様にお届けするのがダステックの使命です。

↓クリックしていただけると励みになります。

糖質制限ダイエット ブログランキングへ


にほんブログ村

認めたくなーい!けど…花粉症???

こんにちは!
新年度最初の水曜日!スタッフM子ですっ happy02

今日はお天気sunもよく,気分サイコ~…と行きたいところなのですが,数日前からど~も体調がスッキリしません…
水鼻が出て,なんとなく目がかゆくなったり,時々くしゃみをしたり,眠くてぼーっとしたり…扁桃腺も少し腫れているような気がするし,だるいし,微熱も!???

これは花粉症なのか,風邪なのか,春だからなのか…coldsweats01

3年くらい前から,花粉症を疑う症状はあるのですが,頑なに認めておりません(笑)

腸内環境が良ければアレルギー症状は少ないはずだぞ?便通は確かに改善しているし,腸内環境もよくなっているはずだ~と思いながら悶々としております bearing

140401きよらカプセルタイプ.JPG
で,やたらと「食べる純炭 きよら」の「カプセルタイプ」をバカバカ飲んでいます。

以前から何度か申し上げておりますが,私は「錠剤タイプ」の愛用者!
でもこの春先の不調に,より強力な吸着力のカプセルを飲み始めています。

すると…(以下,あくまでも個人の体験なのですが…coldsweats01 )

水鼻ぐしゅぐしゅ,くしゃみクシュンクシュン,涙がうっすらの状態でカプセルを3つ飲むと,しばらくして症状が治まるのです…なんで?????coldsweats02

我々の考えによれば,腸の環境改善によるアレルギー症状の改善ならば,カプセル3粒飲んで数十分で症状改善っておかしいんです coldsweats01

カプセルが胃で溶けて純炭粉末が広がるのがちょうどそのくらいではありますが,腸に届くにはもっと時間がかかるはずだし,ましてや症状の改善にまで影響がでるのは不思議でしょうがなーい!!

ちなみにずっと室内におりましたし,外部からお客様が花粉を運んできて…というタイミングなども関係なさそうです。

むむむむむっ…謎だ think

しかも私の経験では,しばらく(2,3時間?)するとまた症状がでて,またカプセルを飲むと30分くらいで治まって…というのが繰り返されるのです。

それを繰り返していて,昨日は一日でカプセル12粒飲んでいましたcoldsweats01

(カプセルタイプの一日の目安量は6粒ですよ!)

ちなみに弊社代表の知人の方が花粉症に悩んでいらっしゃるということで,「きよら」を試されたら,その方は摂取後3時間くらい経ったら症状が軽くなって即効性がある!と感じたとご連絡くださったそうです。

ん?私のとも違うリズムの反応ですね??wobbly

炭による吸着がもたらす変化は,その人の生活習慣や食習慣,体質によって影響が随分違うことは十分理解できるのですが,今回の即効性については理屈が想定できず少し悶々…think

ま,体調がよくなるのは何よりですね♪
偽薬効果ではないと思いますが…coldsweats01

花粉症でお悩みの方には一度お試しいただき,是非ご感想を伺いたいなぁと思いますwink

 

にほんブログ村 健康ブログ デトックスへ
にほんブログ村

腸内環境とアレルギー

ヨーグルトなどで腸内環境を整えると、

・アトピー性皮膚炎が軽くなった

・花粉症が治まった

という話をよく耳にします。


もちろん、個人的な感想で、感じ方は人それぞれなのですが、

「なぜアレルギー症状が治まったと感じたのか」を考察し、

語ってみたいと思います。


人間は細菌やウイルスから身を守るために高度な免疫システムを進化させてきました。

その全容は今の科学をもってしても謎が多いところですが、

アレルギーや喘息は

Th1(ティーエイチワン)細胞と

Th2(ティーエイチツー)細胞という

2種類のヘルパーT細胞のバランスが崩れることによって引き起こされると考えられていました。
 


ところが、Th17という新しいヘルパーT細胞が注目されています。

Th17細胞は慢性関節リウマチや潰瘍性大腸炎といった重篤な自己免疫疾患を引き起こす悪玉T細胞です。

このTh17細胞がアトピー性皮膚炎患者の血液中や

皮膚炎を起こしている場所に沢山集まっていることが京都大学皮膚科によって報告されました。
 


Th17細胞はIL-17(インターロイキン17)を放出し、

これを受け取った表皮角質細胞がIL-8(インターロイキン8)や

ケミカルメディエーターと呼ばれる炎症惹起物質を放出して痒みや炎症を引き起こすという訳です。
 


したがって、Th17細胞の機能を抑制したり、

Th17細胞ができないようにしてしまえば自己免疫疾患やアレルギーが抑えられるはずです。

実際のところ、慶応大学の吉村先生はTh17細胞産生に関わるEomes(エオメス)蛋白を発見し、

これを使ってTh17細胞のでき方を調節しようと試みています。

また、大手製薬会社である協和発酵キリンは、

Th17細胞が作るIL-17の機能を抑える完全ヒト抗体を医薬品にしようと研究に励んでいます。
 


ところが、Nature(2011年7月28日号Vol.475 No.7357)に、

悪玉Th17細胞が小腸で再教育を受けて、

過剰な免疫反応を抑える抑制性のT細胞に変化することが報告されたのです。
 


ここからは私の想像の世界ですが、

現代人(特に先進国)に花粉症やアトピー性皮膚炎が多いのは、

食品中に含まれる保存料や発色剤などで、小腸の腸内細菌フローラに乱れが生じ、

悪玉Th17細胞を腸に呼び寄せられなくなっているのではないか?

その結果、炎症反応がダラダラと続いてしまうのでは?
 

弊社が開発したダイエタリーカーボンは、

ソルビン酸などの保存料や、

亜硝酸ナトリウムのような発色剤を吸着するだけでなく、

腸内環境を酸性化し、善玉菌を増やすことが確認されています。
 


今後はTh17細胞との関係を調べることで、

ダイエタリーカーボンの作用を解明できるのではないか?

との作業仮説のもとに研究を進めて行きます。