羊をめぐるジンクス

投稿日: カテゴリー ◎純炭社長のつぶやき

こんにちは。

純炭社長@糖質制限中の樋口です。

あと2日で未年ですね。

羊.jpg
そのせいか、この一週間はラム肉を良く食べています。
(なんと、そっちに話題を振るか?)

ラムチョップ、ジンギスカンなどなど。

食制限が厳しいイスラム教でも羊肉は食べても良い肉なんですよね。

キリスト教で羊と言えば神えの捧げものの象徴です。

イエス自身も「世の罪を取り除く神の子羊」として、

人類の過ちを精算するためにはりつけにされました。

未年は大きな戦争が起きやすいのも、

羊を犠牲にして何かを大きく変えようとする神の御業なのか?

1967年 第三次中東戦争

1979年 中越戦争

1991年 湾岸戦争

2003年 イラク戦争

さらに、株価も辛抱の年になりやすいと言われます(戦争が多いから当たり前?)

イラク戦争から12年たった来年は未年のジンクスを覆して、

戦争も無く、株価も2万円を狙ってほしいものです。

さて、純炭社長が羊で連想するのは

「羊たちの沈黙」と「羊をめぐる冒険」です。

「羊たちの沈黙」はアンソニー・ホプキンスが演じるハンニバル・レクターと

ジョディー・フォスターが演じるクラリス・スターリングが

連続殺人を巡って心理戦を繰り広げる名作映画。

「羊をめぐる冒険」は言わずと知れた村上春樹の代表作。

純炭社長は「羊をめぐる冒険」と続編にあたる「ダンス・ダンス・ダンス」は

「羊たちの沈黙」以上に読者の心を深い沼に沈めてしまう重たい作品だと思っています。

従順で愛らしいイメージの羊は、人間の原罪という闇が潜んでいるようです。

未年を契機に、村上春樹の羊四部作を読み返してみようと

旅先で思っている純炭社長なのでした。

↓ポチポチっと応援お願いします。

糖質制限ダイエット ブログランキングへ

にほんブログ村 ダイエットブログ 低炭水化物・糖質制限ダイエットへ
にほんブログ村

純炭社長

投稿者: 純炭社長

純炭粉末の(株)ダステック代表取締役社長。元中外製薬(株)主席研究員・金沢医科大学非常勤講師。ケトジェニックダイエットシニアアドバイザー・AGE研究協会認定講師でもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です